INDIES BAND

着物「千桜の記憶」2015年制作

千桜の記憶

「花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに (古今集・小野小町)」
満開だった桜はあっという間に花びらが散りはじめるところにひとつの美学がある。 時は平等に流れる、時代はかわる。うつろい、歳を重ねれば皆老いる。
美しさとは…
経糸に駒糸、緯糸に壁糸を使った緯絣の着物。染料にミロバラン、矢車、インド茜を使っています。




<< 前のページに戻る