染織・神谷あかね|Akane KAMIYA

Instagram  twitter  mail

YARN

糸とは繊維を長くつないだり撚り合わせたもので、天然繊維と化学繊維に大別されます。
天然繊維は植物繊維・動物繊維・鉱物繊維に分けられ、天然のままで繊維として使えるものです。

SILK

絹は蚕蛾がつくる繭玉から採れた繊維を原料にしたものの総称で、家蚕・野蚕と蚕の種類によって分類されます。 家蚕糸の1つの繭から得られる糸の太さは2〜3d、長さは1000m程もある、つなぎめのない長繊維です。 主成分はたんぱく質のフィブロインで、人間の肌にとても類似した繊維と言われています。 繭玉をもとに、繭糸・生糸・真綿・絹紡糸と分けられ、さらに製造方法によっても呼び名が違います。
繭からとれる糸を繭糸といいます。 繭をお湯で煮て取り出した繭糸を数本引き合わせ、繭糸の成分であるセリシンで接着し、1本の糸にした節のない糸を「生糸」と言います。
生糸をアルカリで精錬し、セリシンを取り除くことを"練る"といい、練ったものを「練り糸」と言います。

生糸を数本引き揃えて引き出し、合糸し、撚りをかけて様々な表情の絹糸が作られます。
【片撚り】片方向のみ撚りをかけたもので、右回転ならS撚り、左回転ならZ撚りといい、撚りの少ないものを「甘撚り」と言います。
【諸撚り】2本の糸それぞれに撚りをかけ(この最初の撚りを「下撚り」と言います。) 片撚りのかかった2本を合わせて下撚りとは逆方向に撚りをかけます(これを「上撚り」と言います。)
【駒撚り】撚りのかけ方は諸撚りと同じですが、撚りの回数が下撚り1500-2000回/m、上撚り1200-1500回/mと諸撚りの倍以上になります。 光沢のないシャリっとした感触の糸です。
【壁糸】強く下撚りをかけた太い糸に無撚りの細い糸を引き揃え、下撚りと逆方向に1000-1600回/mの撚りをかけて1本の糸にしたものです。 糸が螺旋状に波打って見え、織った布は凹凸感が出ます。

蛹が成虫になって繭を破り、飛び出してしまったものや、2頭の蚕がくっついて繭を作ってしまったものなど、生糸を引き出せなくなってしまった繭があります。 こういった繭を、繭の状態でアルカリで煮て、セリシンを取り除き、やわらかくして繭を綿状に引き伸ばします。 これを「真綿」といい、この真綿から紡いだ糸が「真綿紬」です。

歴史的な交易路にシルクロードと名がつくほど、紀元前から絹を求め、人が行き交いました。 今でも多くの品種改良とその利用の研究がされています。 絹は蚕の命と引き換えに糸となり、極上の布となります。 絹を纏うことは蚕の命を纏うこと。大切に使います。

COTTON

糸とは繊維を長くつないだり撚り合わせたもので、天然繊維と化学繊維に大別されます。 天然繊維は植物繊維・動物繊維・鉱物繊維に分けられ、天然のままで繊維として使えるものです。
私の制作の中心は絹糸になります。絹は蚕蛾がつくる繭玉から採れた繊維を原料にしたものの総称で、家蚕・野蚕と蚕の種類によって分類されます。 家蚕糸の1つの繭から得られる糸の太さは2〜3d、長さは1200m程。つなぎめのない長繊維です。主成分はたんぱく質のフィブロインで、人間の肌にとても類似した繊維と言われています。 繭玉をもとに、繭糸・生糸・真綿・絹紡糸と分けられ、さらに製造方法によっても呼び名が違います。 私がよく使うのが平絹・真綿紬・駒糸・壁糸で、同じ絹でも異なる風合いに仕上がります。

助剤