染織・神谷あかね|Akane KAMIYA

Instagram  twitter  mail

TEXTURE

織物は経糸と緯糸の組み合わせで布になります。 平行に並んだ経糸と緯糸がそれぞれ上下し交差することで1本だった糸が布という面を形作っていくのですが、この交差を「織物組織」と言い、織物組織には様々な種類があります。
産業革命以降、織物組織の代表的なものを「平織」「綾織」「繻子織」とし、これを「三大組織」と言っています。
この三大組織と、糸を互いに絡ませて織り上げていく「捩り織」が多くの織物組織の基本になります。

絣とは糸を部分的に染め分け、織り上げて模様を出した織物です。
染め分けた糸が経糸であれば経絣、緯糸であれば緯絣、両方であれは経緯絣と呼んでいます。
絣糸を作る方法も多様で、防染方式のものに括り・板締・織締、捺染方式のものに解し・摺込みがあります。
絣はインドで発祥され、東南アジア、琉球経由で日本本州へ伝わったのではないかと言われていますが、確かではありません。 絣の語源は柄の端が擦れて見えることから"かされ"が"かすり"になったとも言われています。
沖縄では絣を"トゥッチリー"と言い、経緯総絣のものを"ムルトゥッチリー"と言います。

絣 -ずらし絣-

私は手括りによって絣糸を作っています。
沖縄では"手結い"といい、手括りした糸を両耳の方で緯糸をずらしながら織って模様にしていきます。
経絣はマシンと呼ばれる木の板に釘を打ち付けた道具を使い、経糸を絣の束ごとに分けてマシンにかけて手括りしていきます。

捩り織

経糸を捩ることで糸と糸の間に隙間を作る織り方です。
経糸を捩りながら緯糸を織り込んでいく薄く透き通った織物に、羅・紗・絽があります。
3本以上の経糸を捩りながら織っていく「羅」
隣り合う2本の経糸を捩りながら織っていく「紗」と紗の変形である「絽」
絽は紗の間に奇数本平織りを入れ織っていきます。
平織りの段数によって三越絽、五越絽…と呼び、平織と平織の間に捩りが2つ続くものを「ほら絽」と呼びます。

捩り織 -絽-

着物や帯地として紗・絽を織るにあたって、経糸を捩らせるために地綜絖とは別に捩り用の半綜絖が必要となります。
地綜絖に経糸を通したあと、2本1組の糸のうち1本を飛び越えるようにしてもう1本を半綜絖に通します。織る時は平織用の踏木と捩り用の踏木の3本を使います。
また、絽の変化組織として、市松絽・経絽・菱絽などがあり、沖縄では花織と絽を組み合わせた「花倉織」があります。

捩り織 -絽綴れ-

綴れ織は色糸で緯糸を折り返して絵画的に柄を織り出さ技法です。
組織は平織りですが、緯糸に比べて経糸の密度が粗く、しかも強く張られた経糸に対して緯糸を固く織り込むため、表面は経糸が見えない織り目となります。
エジプトのコプト織やフランスのゴブラン織が有名です。
綴れ織は緯糸を不規則に入れることも可能です。緯糸を水平に入れず、織進んだ下の形態に沿わせて織り込んだ流し技法や、組織に組み込まず緯糸を経糸に引っ掛けながらラインを出すとばし織、ルーピングやノッティング、スマック技法、トワイニング法、チェイニング…とにかく色々楽しめます。
夏物の帯地でよく見かけるものに絽と綴れ織を合わせたものがあります。

花織り

地組織とは別に経糸を数本飛ばして織ることで緯糸を浮かせ柄を出します。
緯糸を浮かせるために経糸を地綜絖とは別の花綜絖に通して経糸を浮き沈みさせます。
地綜絖と花綜絖を同時に踏んで緯糸を入れる場合、表は緯糸が浮き、裏は経糸が浮きます。これを両面浮花織といいます。
地組織とは別に紋様用の糸を使用し、地綜絖と花綜絖を交互に開口して織り進める場合、表は緯糸の浮いた紋様が出て、裏には紋様の遊び糸が飛んででます。これを緯浮花織といいます。

花織り -手花-

経糸を手ですくって紋様部分に手花用の糸を刺繍のように織り込んでいく技法です。
本土では縫取織、沖縄では手花(ティーバナー)と呼ばれています。 縫取用の糸には多色を用いることができ、複雑な柄の構成ができます。