染織・神谷あかね|Akane KAMIYA

Instagram  twitter  mail

NATURAL DYE

■媒染剤・助剤についてはこちらから■

天然染料とは、自然の植物・動物・鉱物から得られる色素を染料としたものです。
ひとつの植物からひとつの色相を得る直接染料。媒染剤(金属塩)を仲介して発色、定着させる多色性染料。藍染めなどのように還元して染め、酸化で発色させる建て染め。
成分のちがいや、染色法など様々な分類の仕方がありますが、大きくこの3つに分けて考えています。
染料に適した植物は自生しているものがたくさんあり、時期を合わせて採りに行き、季節の色を染めます。 天然の素材と向き合えば向き合うほど、自然がくれる色に私のものづくりの方向性が導かれる気がします。

矢車

カバノキ科ハンノキ属でヤシャブシ、ヒメヤシャブシ、ミヤマヤシャブシがあり、総称してヤシャと呼んでいます。 夏、青々としたヤシャの果穂を採取。タンニンを多く含み、アルミ媒染でベージュ、鉄媒染でグレーに染めります。 秋-冬に茶色く開いて落ちてしまった果穂でも結構染まります。毎年たくさん採れるので重宝しています。

五倍子

ヌルデの木にアブラムシが寄生してできる虫瘤のことで、秋彼岸頃、少し黄赤色になったものを必要分だけ採ります。 時期を逸すればアブラムシの成虫が飛び出してしまいます。 五倍子はタンニンを多く含み、鉄媒染で紫かかった墨色に染まります。

臭木

夏に白い花が咲き、秋に青い小さな実をつけます。 10月頃にこの実を採取。 「臭木」という名の通り葉は少し臭いですが、薬用にもなるそうです。 この実は単色性染料、媒染剤なしで染めます。 日本では北海道から沖縄までどこにでも自生しているのですが、染色に使うだけなクサギの実を集めるのはなかなか大変です。

胡桃

梔子

琉球藍

春紫苑